歯科矯正の見た目が気になる方に。目立たない歯の治療法3選!!

表矯正ホワイトワイヤー

表矯正は、ワイヤーが歯の表についているので気になる方には気になると思いますが、最近ホワイトワイヤーというものがつかえるようになりました。ホワイトワイヤーとは、ワイヤーの色が白く塗られたもので、表矯正をしていても歯の色と同化して、ワイヤーの色を目立たなくさせることができます。普通の表矯正より少し値段が上がるかもしれませんがホワイトワイヤーなら、見た目を気にすることなく快、適に治療を進めることができます。

表からは全く見えない裏矯正

次におすすめなのは、裏矯正です。裏矯正なら表から全く見えないので、見た目を気にする必要は全くありません。以前は裏矯正は舌にあたるので口腔内のトラブルや滑舌に悩まされる方が多くいらっしゃいましたが、最近では新しい裏矯正器具「インコグニート」を使って裏矯正を行ってくれる矯正歯科もあり裏矯正による悩みが少なくなってきています。インコグニートとは表矯正にかかる期間とほぼ同じ速度で治療を進めることができる最新の裏矯正器具です。

透明で全く目立たないインビザライン

インビザラインはほぼ透明の装着型矯正器具で、食事をする時以外、自分で歯に装着するものです。ワイヤーや口腔内のトラブルのもととなる器具を使わないので、見た目はもちろん、矯正によるストレスを最小限に抑えることができます。金属を一切使っていないので、金属アレルギーの方でも使っていただける矯正器具です。しかし自分で矯正器具を取り外しできるので、なるべく長い時間器具を装着していただくという患者さんの協力が必要となります。

オールセラミックとは、歯のかぶせモノ全体がセラミックでできている義歯のことです。セラミックは本物と区別のつかないくらいの見た目です。