行くまで知らなかった!全身レーザー脱毛あるある!

背中の脱毛が罰ゲーム並に冷たい

レーザーを照射する前に、照射部位にジェルを塗ります。照射の際に熱が発生するので、皮膚をクールダウンするためにも冷えたジェルを使用することが大切です。このジェルがキンキンに冷えているんです。凍る一歩手前じゃないかと思うくらい。手や足は全然我慢できますが、胴体とくに背中に塗るときは思わず声をあげてしまいました。背中は温度を知覚する器官が多いため、より敏感なんでしょうね。スタッフのお姉さんが優しく声をかけて塗ってくれますが、毎回「あっ」と声をあげてしまいました。

陰部の脱毛は身を委ねる

最近では陰部も脱毛される方も多いですよね。「デリケートな部分、どうやって脱毛しているの!?」と疑問に思われる方もいると思いますが、至ってシンプルに、他の部位と同じように施術していきます。施術前に毛は短く剃っておく必要がありますが、陰部は自分では上手く剃れない部分もあり、そこはスタッフのお姉さんが優しく仕上げてくれますよ。陰部の毛を剃ってもらい、そこにレーザーを照射する、考えただけで恥ずかしくなりますが、お店に行ってその状況になれば割りと受け入れられるものです。なによりスッタフのお姉さんが優しく導いてくれるので、ここは身を委ねて、リラックスすることが大切だと最終的に悟りを開きます。慣れてくると陰部施術中も陽気に話すくらいリラックスできますよ。

施術終了後はなぜかそそくさと帰る

全身脱毛であれば施術時間も1回に1~2時間かかることもあり、担当のスタッフの方とはかなり濃密な時間を過ごすことになります。施術中も世間話で盛り上がったりすることも。施術終了の頃にはだいぶ打ち解けてくるのですが、終了後、目にかけられていたタオルを取った瞬間に何だかこっ恥ずかしくなります。一気に現実に戻ったような気持ちになり、スタッフのお姉さんと目を合わせることもできず、急いで着替えてそそくさと帰ります。目隠しされ、実際に目にしないことで恥ずかしいという気持ちが和らぐんでしょうか。不思議ですね。

レーザー脱毛は無駄毛の毛根を焼き潰すことで新たな発毛を防ぐ効果があります。その一方で同じ部分に繰り返し照射すると火傷や色素沈着などの弊害が生じることがあるので注意が必要です。