これからインプラントする人が知っておきたい基礎知識

そもそもインプラントって何?

インプラントなら歯を根元から失ってもまた取り戻せると思っていませんか。一度失った歯を取り戻すことは不可能です。そうではなく、この場合は歯の抜けたところに専用のボルトを埋め込んでそれが顎の骨とくっつくのを待ちます。そしてそこに人工の歯を被せてあたかも本当の歯のようにしたのがインプラントなのです。ボルトが顎の骨とくっついているため、今までの入れ歯やブリッジとは違って、強く噛める快適な噛み心地を手に入れたのです。

インプラント手術後はすぐに使えない

インプラントには1回法と2回法があり、日本では2回法が多く行われています。まず顎の骨にボルトを埋め込んで、これが骨とくっつくのを待って、それから歯茎を切ってボルトを出し、人工の歯を取り付けるというのが2回法です。つまり骨とくっつくのを待たないといけないので、数か月は仮歯で過ごさないといけません。インプラントすればすぐに食べられるようになると思っていたのにとならないように、手術法について理解しておくことです。

メンテナンスがポイント

手術が成功して快適な噛み心地をゲットできたとしても、それは自分の永久歯ではありません。あくまで人工の歯であることは忘れないことです。インプラントでも歯周炎のような症状になることがあります。ただ、インプラントは神経が通っていないので気付いた時には重症化していることがしばしばなのです。これを防ぐには定期検診です。手術を受けたクリニックに定期的に通ってメンテナンスを受けることです。これによって快適な口腔環境を保てるのです。

杉並区には複数の鉄道路線が通っているので、杉並区で行うインプラント治療はとても通いやすいので、安心して治療を受けられます。