マイクロスコープを活用した!精度の高い歯の治療

虫歯の進行した状態でも抜歯を回避するテクニック

虫歯は歯の表面の層が時間と共に細菌に侵食され、最終的には内部の神経や歯の根にも影響を与えてしまう状態なんですよね。そのため、歯の内部まで細菌の侵食が進んだ重度の虫歯は、歯を抜かなくてはならない状態になってしまう事が多くなります。この抜歯が必要になる段階まで進んだ虫歯を治療する為には、マイクロスコープを用いて歯の内部構造や神経の通っている場所などにも配慮し、精度の高い治療を施す事が必要になるんですよね。

健康状態を左右する歯の根の存在

歯の根を残す治療法は虫歯治療という目的だけではなく、身体の健康状態のバランスを保つためにも有効な手段になるんですよね。歯の根を維持できている状態は、食事での噛み合せで咀嚼の機能を効率良く発揮する事に加え、筋肉に力を入れる際の能力や噛み合わせによる脳への刺激など、健康状態を維持する為に大きく貢献している要素なんですよ。そのため、健康状態を維持する為にも歯の根を残す治療は大変効果的な方法なんですよね。

精度の高いマイクロスコープを用いた治療の利点

マイクロスコープを活用した歯の治療のメリットは色々あるんですよね。マイクロスコープは肉眼では観察できない部分にまで配慮した精度の高い治療で、歯茎よりも上に位置する歯冠の部分を治療するだけではなく、歯の土台を最適な状態で固定し正確な噛みあわせを実現させる目的でも大きな意味を持ちます。また、歯の土台の精度を上げる事で、治療後のしっかりとした噛みあわせを長い期間にわたり継続させる事も出来るので、マイクロスコープを活用した歯の治療は将来的にも大きな意義のある治療法なんですよね。

根管治療というのは歯の根っこの部分が細菌に感染したときにする治療です。歯の中をくり抜いて感染している部分を削り、消毒をして詰め物をします。細菌をきれいに取きるには医者の技術が重要です。